社会福祉法人すこやか福祉会


葛飾やすらぎの郷

 ●見学・お問い合わせは
   TEL03-5648-8250まで

葛飾やすらぎの郷 写真

インデックス アピールポイント 施設概要 交通案内 料金表 フロアマップ 施設だより
    ショートステイパンフレット パンフレット 第三者評価結果


アピールポイント


玄関に入るとコンクリートの外観とは違い、目の前に南京はぜが聳え立ち、そよ風が出迎えてくれるような印象を受けます。施設内は木目で暖かく、広い廊下、利用者が行き交う姿もゆっくりと。職員、利用者共に笑顔、笑い声が絶えない施設です。

施設概要


施設名 特別養護老人ホーム「葛飾やすらぎの郷」: 事業所番号 1372201523
併設・高齢者在宅サービスセンター「新宿在宅サービスセンター」
所在地 東京都葛飾区新宿3丁目4番地10号
TEL 03-5648-8250 FAX 03-5648-8251
事業内容 介護福祉施設サービス 定員84名
短期入所生活介護   定員12名

ページのトップインデックス

交通案内

バス
都バス
浅草寿町−金町駅・「亀有警察署前」下車

京成バス
亀有駅−京成小岩駅・「亀有警察署前」下車

レインボーかつしかバス
ウェルピアかつしか─金町駅・「葛飾やすらぎの郷」下車

詳細地図(Googleマップへ飛びます)

徒歩
徒歩
京成・JR常磐線(千代田線)
金町駅から約20分
京成線高砂駅から約15分

ページのトップインデックス

料金表

平成27年8月1日 改定
利 用 料 ご 案 内
特 養
1.法定料金
(1)基本サービス料金
[1]施設利用料
個室1日あたりの自己負担分
多床室(2人部屋以上)
1日あたりの自己負担分
要介護度1
\597
\597
要介護度2
\670
\670
要介護度3
\744
\744
要介護度4
\817
\817
要介護度5
\888
\888
精神科医師体制加算
\6
\6
看護体制加算 T(ロ) 注1
\5
\5
看護体制加算 U(ロ) 注2
\9
\9
夜勤職員配置加算1(ロ) 注3
\15
\15
日常生活継続支援加算 注4
\40
\40
初期加算(入所日から30日以内の期間。30日以上の入院後の再入所も同様)
\33
療養食加算(療養食を提供した場合)
\20
栄養ケアマネージメント加算(栄養ケアマネジメントを実施した場合)
\16
看取り加算I(終末期における看護・福祉の連携体制が行われている場合 死亡日前4〜30日)
\157
看取り加算II(終末期における看護・福祉の連携体制が行われている場合 死亡前日2〜3日)
\742
看取り加算III(終末期における看護・福祉の連携体制が行われている場合 死亡日)
\1,396
福祉施設外泊時費用(月6日程度)
\269
口腔衛生管理体制加算
\33
介護職員処遇改善加算 算定した単位数(基本サービス費に各種加算を加えた総単位数)の5.9%が加わります

注1…常勤の看護師を1名以上配置していること
注2…(1)看護職員を常勤換算方法で入所者数が25又はその端数を増すごとに1名以上配置していること(2)最低基準を1人以上上回って看護職員を配置していること(3)当該施設の看護職員により、又は病院・診療所・訪問看護ステーションの看護職員との連携により、24時間の連絡体制を確保いていること
注3…夜勤を行う介護職員・看護職員の数が、最低基準を1人以上上回っていること
注4…(1)入居者のうち要介護4〜5の割合が70%以上、または、認知症日常生活自立度V以上の入居者が65%以上、または喀痰吸引及び経管栄養の実施といった医行為を必要とする入居者の占める割合が15%以上であること
(2)介護福祉士を入所者の数が6又はその端数を増すごとに1以上配置していること
(3)入所者数の定員超過減算や人員基準減算がないこと

<看取りに関する指針について>
当施設では看護職員が夜間等、看護職員の不在時でも連絡体制を定めて、必要に応じ緊急の呼び出しに応じて出動対応する体制をとっております。また、別紙の通り「看取りに関する指針」を定め、利用者が重篤な状態となり、「看取り」の介護が必要になった際には、医師から状態をお知らせし、指針の内容に基づいてご本人、ご家族の希望により施設内で終末期を過ごすことが可能です。

*入所期間中入院、または自宅に外泊した期間の取扱については、介護保険給付の扱いに応じた料金になりますのでご了承ください。

(2)当施設の居住費・食費の負担額(実費)
利用者負担段階
対象者
居住費
食費
多床室(相部屋)
従来型個室
第一段階
生活保護受給者
0円/日
320円/日
300円/日
市町村税世帯非課税 老齢福祉年金受給者
第二段階
住民税世帯非課税者で、合計所得金額と課税年金収入額の合計額が年額80万円以下の方
370円/日
420円/日
390円/日
第三段階
住民税世帯非課税者で、上記条件に該当する以外の方
370円/日
820円/日
650円/日
第四段階
上記以外の方
840円/日
1150円/日
1380円/日
(3)施設利用料については、所得に応じた減免処置制度があります。
個別サービス利用料
サービス項目
サービス内容
単位
金額
電気代 お部屋に電化製品を持込の場合
1製品1日
\80
理美容代 出張理容業者を利用の場合(実費)
1回
\2,000
預かり金管理代 お小遣いの管理費
1ヶ月
\500
通帳管理代 通帳・印鑑の管理費
1ヶ月
\500
受診時交通費
交通費実費
教材費 手芸などの材料費のかかるサークル代
実費
事務手続き代行代  
切手・郵送代実費
死後の処置 死後の処置を行った場合  
\5,400
エンジェルセット 死後の処置後の衣  
\3,240
タオル・バスタオルリース  
実費
日常生活上の諸費用 日常生活に掛かる必要物品
実費
※その他、個別にご希望されたサービスについては、その都度実費をいただきます。
(4)文書料
サービス項目
内容
単位
金額
死亡診断書料 嘱託医が作成した場合
1部
\3,240
主治医意見書 嘱託医が作成した場合
1部
\5,400
入所証明書
1部
\324
平成27年8月1日 改定
利 用 料 ご 案 内
特 養
1.法定料金
(1)基本サービス料金
[1]施設利用料(介護保険負担割合が2割負担の方)
個室1日あたりの自己負担分
多床室(2人部屋以上)
1日あたりの自己負担分
要介護度1
\1,194
\1,194
要介護度2
\1,340
\1,340
要介護度3
\1,488
\1,488
要介護度4
\1,634
\1,634
要介護度5
\1,776
\1,776
精神科医師体制加算
\12
\12
看護体制加算 T(ロ) 注1
\10
\10
看護体制加算 U(ロ) 注2
\18
\18
夜勤職員配置加算1(ロ) 注3
\30
\30
日常生活継続支援加算 注4
\80
\80
初期加算(入所日から30日以内の期間。30日以上の入院後の再入所も同様)
\66
療養食加算(療養食を提供した場合)
\40
栄養ケアマネージメント加算(栄養ケアマネジメントを実施した場合)
\32
看取り加算I(終末期における看護・福祉の連携体制が行われている場合 死亡日前4〜30日)
\314
看取り加算II(終末期における看護・福祉の連携体制が行われている場合 死亡前日2〜3日)
\1,484
看取り加算III(終末期における看護・福祉の連携体制が行われている場合 死亡日)
\2,792
福祉施設外泊時費用(月6日程度)
\536
口腔衛生管理体制加算
\66
介護職員処遇改善加算 算定した単位数(基本サービス費に各種加算を加えた総単位数)の5.9%が加わります

注1…常勤の看護師を1名以上配置していること
注2…(1)看護職員を常勤換算方法で入所者数が25又はその端数を増すごとに1名以上配置していること(2)最低基準を1人以上上回って看護職員を配置していること(3)当該施設の看護職員により、又は病院・診療所・訪問看護ステーションの看護職員との連携により、24時間の連絡体制を確保いていること
注3…夜勤を行う介護職員・看護職員の数が、最低基準を1人以上上回っていること
注4…(1)入居者のうち要介護4〜5の割合が70%以上、または、認知症日常生活自立度V以上の入居者が65%以上、または喀痰吸引及び経管栄養の実施といった医行為を必要とする入居者の占める割合が15%以上であること
(2)介護福祉士を入所者の数が6又はその端数を増すごとに1以上配置していること
(3)入所者数の定員超過減算や人員基準減算がないこと

<看取りに関する指針について>
当施設では看護職員が夜間等、看護職員の不在時でも連絡体制を定めて、必要に応じ緊急の呼び出しに応じて出動対応する体制をとっております。また、別紙の通り「看取りに関する指針」を定め、利用者が重篤な状態となり、「看取り」の介護が必要になった際には、医師から状態をお知らせし、指針の内容に基づいてご本人、ご家族の希望により施設内で終末期を過ごすことが可能です。

*入所期間中入院、または自宅に外泊した期間の取扱については、介護保険給付の扱いに応じた料金になりますのでご了承ください。

(2)当施設の居住費・食費の負担額(実費)
利用者負担段階
対象者
居住費
食費
多床室(相部屋)
従来型個室
第一段階
生活保護受給者
0円/日
320円/日
300円/日
市町村税世帯非課税 老齢福祉年金受給者
第二段階
住民税世帯非課税者で、合計所得金額と課税年金収入額の合計額が年額80万円以下の方
370円/日
420円/日
390円/日
第三段階
住民税世帯非課税者で、上記条件に該当する以外の方
370円/日
820円/日
650円/日
第四段階
上記以外の方
840円/日
1150円/日
1380円/日
(3)施設利用料については、所得に応じた減免処置制度があります。
個別サービス利用料
サービス項目
サービス内容
単位
金額
電気代 お部屋に電化製品を持込の場合
1製品1日
\80
理美容代 出張理容業者を利用の場合(実費)
1回
\2,000
預かり金管理代 お小遣いの管理費
1ヶ月
\500
通帳管理代 通帳・印鑑の管理費
1ヶ月
\500
受診時交通費
交通費実費
教材費 手芸などの材料費のかかるサークル代
実費
事務手続き代行代  
切手・郵送代実費
死後の処置 死後の処置を行った場合  
\5,400
エンジェルセット 死後の処置後の衣  
\3,240
タオル・バスタオルリース  
実費
日常生活上の諸費用 日常生活に掛かる必要物品
実費
※その他、個別にご希望されたサービスについては、その都度実費をいただきます。
(4)文書料
サービス項目
内容
単位
金額
死亡診断書料 嘱託医が作成した場合
1部
\3,240
主治医意見書 嘱託医が作成した場合
1部
\5,400
入所証明書
1部
\324
※成年後見制度での診断書は直接、嘱託医または、かかりつけ医と相談してください。

ページのトップインデックス
 

平成27年8月1日 改定
ショートステイ
1.基本サービス料金
(1)施設利用料
[1]介護保険一部負担金
個室1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
多床室(2人部屋以上)1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
要介護度1
\643
\665
要介護度2
\717
\740
要介護度3
\793
\815
要介護度4
\867
\890
要介護度5
\939
\962
夜勤職員配置加算 I 注1
\15
\15
サービス提供体制強化加算T(イ) 注2
\20
\20
送迎加算(利用者の自宅から当該施設まで、送迎した場合(片道につき)
\205
療養食加算(療養食を提供した場合)
\26
若年性認知症利用者受入加算(若年性認知症利用者を受け入れた場合)
\134
認知症緊急受入加算(利用開始日から起算して7日を限度として加算)
\222
緊急短期入所受入加算(緊急体制確保加算を算定する施設で、計画にない緊急受入を行った場合)
\100
介護職員処遇改善加算 算定した単位数(基本サービス費に各種加算を加えた総単位数)の5.9%が加わります

注1…夜勤を行う介護職員・看護職員の数が、最低基準を1人以上上回っていること
注2…施設の介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が60%以上の場合
※ 夜間緊急時の対応について
当施設では看護職員が夜間等、看護職員不在時でも連絡体制を定めて、必要に応じて協力医療機関との連携及び緊急の呼び出しに応じて出動対応できる体制をとっております。

[2]介護予防一部負担金
個室1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
多床室(2人部屋以上)1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
要支援1
\481
\525
要支援2
\598
\645
サービス提供体制強化加算T(イ) 注1
\20
\20

送迎加算(利用者の自宅から当該施設まで、送迎した場合(片道につき)
\205
療養食加算(療養食を提供した場合)
\26
若年性認知症利用者受入加算(若年性認知症利用者を受け入れた場合)
\134
認知症緊急受入加算(利用開始日から起算して7日を限度として加算)
\222
介護職員処遇改善加算 算定した単位数(基本サービス費に各種加算を加えた総単位数)の5.9%が加わります
 
(2)当施設の居住費・食費の負担額(実費)
利用者負担段階
対象者
居住費
食費
多床室(相部屋)
従来型個室
第一段階
生活保護受給者
0円/日
320円/日
300円/日
市町村税世帯非課税 老齢福祉年金受給者
第二段階
住民税世帯非課税者で、合計所得金額と課税年金収入額の合計額が年額80万円以下の方
370円/日
420円/日
390円/日
第三段階
住民税世帯非課税者で、上記条件に該当する以外の方
370円/日
820円/日
650円/日
第四段階
上記以外の方
840円/日
1150円/日
1380円/日
1日あたり1,380円(朝食─380円・昼食─500円・夕食─500円)とします。
入所日は500円(夕食代)、退所日は380円(朝食代)として計算します。
(3)施設利用料については、所得に応じた減免処置制度があります。
(4)個別サービス利用料
サービス項目
サービス内容
単位
金額
電気代 お部屋に電化製品を持込の場合
1製品1日
\80
レンタル代 テレビレンタル
1製品1日
\100
理美容代 出張理容業者を利用の場合(実費)
1回
\2,000
日常生活用品セット  
1セット1日
実費
※その他、個別にご希望されたサービスについては、その都度実費をいただきます。
2. 短期入所生活介護ご利用の中止
(1)利用開始予定日以前の中止
入所前にお客様のご都合でサービスを中止する場合、下記のキャンセル料がかかります。
1.入所日の当日午前9時以降のキャンセルの場合
1日の利用料の50%
2.上記時間の以前のキャンセルの場合
無料
(2)利用期間中の中止

以下の事由に該当する場合、利用期間中でもサービスを中止し、退所していただく場合があります。

  • 利用者が中途退所を希望した場合
  • 入所日の健康チェックの結果、体調が悪かった場合
  • 利用中に体調が悪くなった場合
  • 他の利用者の生命または健康に重大な影響をあたえる行為があった場合

上記の場合で、必要な場合は、ご家族または緊急連絡先へ連絡するとともに速やかに主治の医師または歯科医師に連絡を取る等必要な措置を講じます。
また、料金は退所日までの日数を基準に計算します。

ページのトップインデックス
 

平成27年8月1日 改定
ショートステイ
1.基本サービス料金
(1)施設利用料
[1]介護保険一部負担金(介護保険負担割合が2割の方)
個室1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
多床室(2人部屋以上)1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
要介護度1
\1,286
\1,330
要介護度2
\1,434
\1,480
要介護度3
\1,586
\1,630
要介護度4
\1,734
\1,780
要介護度5
\1,878
\1,924
夜勤職員配置加算 I 注1
\30
\30
サービス提供体制強化加算T(イ) 注2
\40
\40
送迎加算(利用者の自宅から当該施設まで、送迎した場合(片道につき)
\410
療養食加算(療養食を提供した場合)
\52
若年性認知症利用者受入加算(若年性認知症利用者を受け入れた場合)
\268
認知症緊急受入加算(利用開始日から起算して7日を限度として加算)
\444
緊急短期入所受入加算(緊急体制確保加算を算定する施設で、計画にない緊急受入を行った場合)
\200
介護職員処遇改善加算 算定した単位数(基本サービス費に各種加算を加えた総単位数)の5.9%が加わります

注1…夜勤を行う介護職員・看護職員の数が、最低基準を1人以上上回っていること
注2…施設の介護職員の総数のうち、介護福祉士の占める割合が60%以上の場合
※ 夜間緊急時の対応について
当施設では看護職員が夜間等、看護職員不在時でも連絡体制を定めて、必要に応じて協力医療機関との連携及び緊急の呼び出しに応じて出動対応できる体制をとっております。

[2]介護予防一部負担金
個室1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
多床室(2人部屋以上)1日あたりの
介護保険一割 自己負担分
要支援1
\962
\1,050
要支援2
\1,196
\1,290
サービス提供体制強化加算T(イ) 注1
\40
\40

送迎加算(利用者の自宅から当該施設まで、送迎した場合(片道につき)
\410
療養食加算(療養食を提供した場合)
\52
若年性認知症利用者受入加算(若年性認知症利用者を受け入れた場合)
\268
認知症緊急受入加算(利用開始日から起算して7日を限度として加算)
\444
介護職員処遇改善加算 算定した単位数(基本サービス費に各種加算を加えた総単位数)の5.9%が加わります
 
(2)当施設の居住費・食費の負担額(実費)
利用者負担段階
対象者
居住費
食費
多床室(相部屋)
従来型個室
第一段階
生活保護受給者
0円/日
320円/日
300円/日
市町村税世帯非課税 老齢福祉年金受給者
第二段階
住民税世帯非課税者で、合計所得金額と課税年金収入額の合計額が年額80万円以下の方
370円/日
420円/日
390円/日
第三段階
住民税世帯非課税者で、上記条件に該当する以外の方
370円/日
820円/日
650円/日
第四段階
上記以外の方
840円/日
1150円/日
1380円/日
1日あたり1,380円(朝食─380円・昼食─500円・夕食─500円)とします。
入所日は500円(夕食代)、退所日は380円(朝食代)として計算します。
(3)施設利用料については、所得に応じた減免処置制度があります。
(4)個別サービス利用料
サービス項目
サービス内容
単位
金額
電気代 お部屋に電化製品を持込の場合
1製品1日
\80
レンタル代 テレビレンタル
1製品1日
\100
理美容代 出張理容業者を利用の場合(実費)
1回
\2,000
日常生活用品セット  
1セット1日
実費
※その他、個別にご希望されたサービスについては、その都度実費をいただきます。
2. 短期入所生活介護ご利用の中止
(1)利用開始予定日以前の中止
入所前にお客様のご都合でサービスを中止する場合、下記のキャンセル料がかかります。
1.入所日の当日午前9時以降のキャンセルの場合
1日の利用料の50%
2.上記時間の以前のキャンセルの場合
無料
(2)利用期間中の中止

以下の事由に該当する場合、利用期間中でもサービスを中止し、退所していただく場合があります。

  • 利用者が中途退所を希望した場合
  • 入所日の健康チェックの結果、体調が悪かった場合
  • 利用中に体調が悪くなった場合
  • 他の利用者の生命または健康に重大な影響をあたえる行為があった場合

上記の場合で、必要な場合は、ご家族または緊急連絡先へ連絡するとともに速やかに主治の医師または歯科医師に連絡を取る等必要な措置を講じます。
また、料金は退所日までの日数を基準に計算します。



ページのトップ インデックス

※閉じる

社会福祉法人すこやか福祉会
〒125-0051葛飾区新宿3-4-10
TEL 03-5648-8250