社会福祉法人すこやか福祉会

■本部所在地
〒125-0051 東京都葛飾区新宿3-4-10
TEL:03-5648-8250 FAX:03-5648-8251

■本部事務局
〒120-0023 東京都足立区千住曙町4-16 千住曙共同会館3階
TEL:03-5813-9251 FAX:03-5813-9252

地域の皆様へ

中学校で「介護体験授業」を行いました

2017年12月21日 更新

10月に葛飾やすらぎの郷で行われた「すこやか祭り」の中で、子供向け「介護体験」を実施しました。

その様子を見ていた来場者から、職場(市川市立A中学校)で授業の一環として「介護体験」を行ってほしいとご依頼いただきました。

講師はやすらぎの郷の木下課長、フォローに天野葛飾エリアマネジャー、広報の栗原で参加してきました!

当日は中学1年生120名を対象に、クラスを交代(1回につき60名)して同じ授業を2回行いました。

懐かしい体育館で、木下課長の問いかけからスタートです♪

木下:「みなさんが街中で、介護を必要とする人はどんな人だと思いますか?」

各グループに分かれて意見交換、発表!学生さんらしく賑やかです。

「お年寄り」「車椅子の人」「認知症の人」「呼吸困難な人」「怪我をしている人」「目が悪い人」・・

木下:「介護が必要な人は高齢者だけ?若い人でも突然介護が必要になる人もいるんです。」

そこで木下課長の体験から2つのエピソードを紹介しました。

学生時代、交通事故にあって下半身麻痺になった友人

  ②病院で働いていたときに出会った、プロレスで頚椎損傷した患者の話

みなさん、真剣に聞き入っています。

車椅子の取り扱い方法を説明した後、グループごとに分かれていよいよ車イス体験!

まずはそれぞれ、自分で車椅子をこいで三角コーンを回ってみます。

スピードを出す男子、おどける男子、注意する女子(笑) 盛り上がります!!

次ぎに、「半身麻痺」の状態での車椅子体験。まずは、木下課長が麻痺の状態を説明します。

右手・右ひじの手首を内側に曲げて、片目をつぶって、片足はつま先だけで支えて、反対の手で運転します。

「これであってる?難しい・・」

さらに、両手・両足・両目が不自由な状態での車椅子体験!

自分ではこげないので、友達に押してもらいます。

この状態で車椅子に乗った感想をグループごとに話し合います。一番多かった意見は・・怖かった!!

木下:「じゃあ、どういう風にしてもらったら怖くなかったかな?」

「ゆっくり押して居場所を教えてあげる」

「次、右に曲がるよ、とか声かけしてほしい」

「今日はいい天気ですねとか、世間話をしてほしい(緊張を和らげるため)」

それぞれ挙がった意見を取り入れて、再度、実践しました!

木下:「最初との違いはどうだった?」

「曲がるよーと教えてくれたから安心できた」

 「Nくんが給食の話をしてくれたから安心した」

 

木下:「相手が怖くないように声をかけたことが“思いやり”です。

今後は、街中でも介助が必要な人への“見る目”が変わるはず。

自分から声をかけてほしいです。中には断わる人もいるけれど、助けを必要としている人の方が多い。

そうするともっと住みやすい社会になります。」

最後に学級委員から「御礼の言葉」をいただきました。

私たちにとっても、貴重な体験をさせていただき感謝です。